スポンサーリンク

STAR WARS エピソード9 スカイウォーカーの夜明け 感想

皆さんも見てきましたか??

STAR WARS エピソード9 スカイウォーカーの夜明け

いや~僕は結論的に「良かった」が多かったです。

微妙な書き方をしましたが、、、

賛否両論な今作、みなさんもいろいろ思うことがあったと思います。

エピソード7を担当したJJエイブラムス監督が再びエピソード9に復活して、

散らかされた感のあるエピソード8から、王道に戻しつつ、ディズニー道を外れることなく

また自作への謎?も持ち越しながら、また子供にもわかりやすく、フリと回収を行いながら

仕上げ、いい仕事をしたと思います。僕はそう思います。

※ネタばれも含むので、以下はご注意ください。

箇条書きにて、僕の思ったことを書きます。

・フィンは何者?

フォースを感じるものであるということはいくつかのフリがあるので確定ですね。

FN2187という、2187という映画はジョージルーカスのフォースにつながる映画としてファンの間で噂されていますよね?JJエイブラムスの憎い演出でしょうかね。

幾度となく、敵の気配、危機を感じ取り、対処行動に出ます。まさにジェダイの資質。

・ポーも?

パイロットとしての腕前、エピソード1でアナキンが見せたポッドレースの腕前なんかも

思い出しますよね。ミディクロリアンたくさんありそう…

・レイとカイロレン(ベン)が使った治癒能力は、ライトサイドのものではなく、シスの技?

僕はそう思っています。以前、エピソード3でパルパティーンがアナキンに話したシスの技

(フォース)、死から蘇らせる技は、倫理的に禁断の技のはず。

だったら、エピソード1でクワイガンジンにもオビワンが使えば死なせずにすんだし…

それをライトサイドで行うはずもないので、レイとカイロレンが使えて、今までのジェダイが

使えなかったのは、パルパティーン(シス)の血を引くレイと、

シスの修業をしてダークサイドの技を身につけたカイロレンだからこそ使えたのでは?

と僕は考えています。

・チューバッカ あのメダルをマズカナタから渡される

そう、あのメダルはファンの方は知っていると思いますが、エピソード6の授与式でルークやハンソロに授与されたあのメダルだったのです。

そういえば、あの授与式はチームにいるのになぜかチューバッカには授与されていませんでしたね?(首にかけていなかった)

・レイア最強説

懐かしの映像でルークとレイアが出てきましたね(ライトセーバーでの修行のシーン)

ルークを圧倒していたレイア、なぜセーバーを使わなくなったか?は想像にまかせますが、

ピンクゴールドのライトセーバーは、男子としてはひきました…さすがはディズニー傘下。

・最後に復活して生き残ったレイ

タイトルの「スカイウォーカーの夜明け」で推察して、このシーンは本来スカイウォーカーの

血を引くベンが生き残り、レイの思いを継いで自作へ?と思ってしまいましたが…

ここもさすがはディズニー傘下。女性最強のストーリーは鉄板でしたね。

いつも主人公は女性!

・レイのライトセーバーがゴールドなのは?

過去に、ジェダイ→ブルー、シス→レッド以外のライトセーバーのカラーは

メイスウインドウ→紫(シスの技も習得していたから?)

ヨーダ→緑(伝説のジェダイだから?柔道の帯のように違うカラー?)

今どきのゴールド(黄色?)は、なぜなのでしょうね。

・最後に、レイ・スカイウォーカーと名乗るくだり

ここは、ファンに想像させてもよかったのでは?

「レイ・・・」

そこでパパンパパンパパンって、いつものスターウォーズの最後の監督や脚本などが出るエンディングにつながれば、ファンに想像させ、映画のあとも大きな話題や議論になったのでは?

と思います。ここはエイブラムス監督、大人の映画にしようよ~と思ってしまいました。

読み返してみると、僕も結構賛否両論だなあと((-_-;))

でも、面白かったですよ!2回見たけど、もう一度くらい見たいです♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク