スポンサーリンク

Fitbit versa2 レビュー Apple Watchと比較していいなと思う5つのこと

Apple Watchをはじめとするスマートウォッチ

やはり、第一シードは「Apple Watch」ということになりますが、第二シードとして僕が気になっているのは「Fitbit versa2(以降、versa2と記載します)です。

Amazonで予約して購入してみました😄

届いて、仕事が忙しくて開封できていなかったのですが、やっと時間ができたので開封レビューしますね!!

まずは、versa2ってどんなスマートウォッチ??って話ですよね。

公式サイトです。↓

Fitbit Versa 2 のご紹介。あなたの毎日をさらに充実させてくれる、健康づくり & フィットネス用のスマートウォッチです。Amazon Alexaの搭載、睡眠スコアの表示、AMOLED ディスプレイの採用、そして長時間のバッテリーライフも実現。Versa 2 はかつてない体験をあなたに提供します。

versa2は、他のFitbitのアイテムよりもカジュアルでApple Watchに負けないカジュアルなデザインを持っています。

僕が、Apple Watchと比較して気に入った5つのポイントを紹介したいと思います!!

・ディスプレイは、有機ELになりました✨

前作のversaもそうでしたが、液晶から有機ELに変わり美しい画面になりました。

スマホも時計もしょっちゅう見るものなので、画面が美しいことに越したことはありませんね😃

・ウォッチフェイスは、Apple Watchよりも豊富でかな〜りありますね♫

・versa2はAmazon Alexa対応✨

Apple WatchのSiriと同じくらい日本語も理解してくれています。

タイマー設定や、天気予報を聞いたり結構便利です。

・Apple Watch series5と同じく常時点灯。しかも4〜5日持つのです!

時計は、やはり常時点灯が正義!ちょっと常時点灯画面がウォッチフェイスと異なるのが残念なのですが、まあ時刻はわかるし、バッテリー残量もわかるので良しとします…

・睡眠ログが取れる

Fitbitの大きなメリットです。このためにApple Watchと併用して使っているくらいですもん。

健康維持のためにも、自分が毎日どのくらい寝ているのか?知っていた方がいいに決まっています。

深い睡眠、浅い睡眠も測ってくれますので、つけたまま寝るのにさえ慣れれば余裕です。

しかも、バッテリーも4〜5日持ちますので、どこか週1くらい充電日にあててあとは腕につけて寝ましょうzzz

開封の儀

開けてみました

下の箱のところを開けてみました

バンドの下に箱があり、開けると充電ケーブル&台の登場

ウォッチ本体です。

ちょっと側面から

その後、スマホにFitbitアプリをインストールして、デバイス設定でversa2を設定します。

暗証番号が出てきますので、その番号をversa2に入力して接続設定をします。

そのあと、僕はバージョンアップとかで30分ちょっと時間がかかりましたが、無事立ち上がりました😅

基本は、この画面で文字盤も設定できます。

「通知」のとこにいくと、この画面が出てきて電話やメールなどの通知設定をします。

「アプリ通知」のとこにいくと、このように他のアプリの通知設定が可能です。

LINEやショッピング系アプリの通知設定はここでやりましょう。

日本では、キャッシュレス決済にまだ対応していないので、Apple WatchのようにSuicaやiDを使うことはまだできませんが、そう遠くない将来に対応してほしいですね!!

今のところ、とても気に入っています。

Apple Watchの毎日続けたアクティビティを今月はやめて、こちらのversa2を使い倒していきたいな、と思います。

追伸:やはり、使っているとカラバリのバンドが欲しくなってきます…

ちょっと純正もいいけど、Apple Watchのスポーツタイプみたいな、とめやすくてカラバリのあるバンドが好みなのでAmazonで探してみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク