スポンサーリンク

iPhoneXR 購入レビュー やはり僕はproduct(RED)☆彡

iPhoneXS Max と iPhoneXR  悩んだ末…

僕が選んだのは… iPhoneXR

カラーも悩みに悩みました…(;’∀’)

僕の定番product(RED) と、今回初登場の気になる存在 イエロー

最終的に決めました!! product(RED) に!!

箱もしっかりproduct(RED) !

一目でわかりますね。ホントにappleって箱に気合が入ってる☆

そして、おなじみ「開封の儀」

ちゃんと、中に入っている紙もproduct(RED)。

※しかし、中のappleステッカーは、「白」でした(-_-;) ここも赤が良かった( ;∀;)

背面の色見も、iPhone8のproduct(RED)と同じ感じですね。

iPhone7のアルミよりも、ガラス素材による艶のある赤がホントに惚れ惚れします…

iPhone XRのサイドフレームは航空宇宙産業で使われているものと同じグレード(7000シリーズ)アルミニウムが採用されているとのこと。

スポンサーリンク

卓越したマテリアル。
スマートフォン史上、最も強靭な
フロントガラス。精密に加工された、
航空宇宙産業で使われているものと
同じグレードのアルミニウム製フレーム。
耐水性能と防塵性能2。そして、
目を奪う6つの新しい仕上げ。

航空宇宙産業レベルのアルミニウム製フレーム。Appleが特別に開発したアロイは、構造フレームを作るために精密に機械加工され、背面のガラスと色を合わせるように酸化皮膜処理されています。

これは、ケースをつけたくない!!

ちょっと寄ってみました。 う~ん、伝わりにくくてごめんなさい。

この赤の艶な感じをお伝えしたかったのですが💦

7層にわたる着色プロセス。背面ガラスの美しい仕上げには、高度な処理を使って深くリッチな色を持たせています。

正面です。

この全画面ベゼルが、また壁紙のレッドとマッチして最高の表情です(^^♪

確かに、iPhoneXS やiPhoneXS Max と比較したら、ほかの方のレビューにもありますがべzセルが太いと感じますが、iPhone8は、touchID搭載でベゼルもっとありましたからね。

自分は気になりません。

また、 iPhoneXS やiPhoneXS Max はOLED(有機EL)、こちらのiPhoneXR は

すべてが新しいLiquid Retinaディスプレイ。
それは、業界の中で最も先進的なLCD。

Liquid Retina、登場。iPhone XRの
新しいディスプレイは、業界の中で
最も先進的なLCDです。画期的な
バックライトの設計により、スクリーンを
隅々に広げることができました。
現実の世界に近い色が、一つの美しい
エッジから別の美しいエッジまでを
フルに使って映し出されます。

液晶ですが、ほかの方のレビューにもあるように、ホントに綺麗でiPhoneX を使っていた自分としてもそんなに違う?って印象です。僕を含むほとんどの方はディスプレイの差は気にしなくてもいいのでは?と思います。

むしろ、ここが僕にとって大きいポイントですが、

iPhoneXS Max と表示領域(文字数)が同じなんですけど、画面サイズは小さめ。

そして、ランドスケープモードにも対応。

iPhone8 Plus ユーザーの方も慣れた感じで使いこなせます。

自分もよくやっていましたが、ランドスケープ(横向き)にして

右側にテンキー、左側に変換候補という入力環境は、サクサク文字入力が捗る最高の体験でしたから。

それがまたできると思うと、PCやiPad Pro でブログ作成を基本していますが、iPhoneXR で結構文字の下書きとかどんどんやってしまう感じです(^^♪

そして、見てください!

サイドのアルミフレームもレッドの処理がしてあります。

さらに、いつも通りといえばそうなのですが、SIMトレーももちろん内側もレッド処理。

こういうところの「こだわり」が僕がappleを大好きな所以です。いつもありがとう!

そして、もう一つ言わせてください!

わかります?

カメラの周りのフレームも、レッドの処理してあるんですよ~☆彡

ここまでこだわるappleに乾杯です♪♪

レビュー記事を見ていると、iPhoneXS やiPhoneXS Max と比較して「ボディが厚い」とコメントがありますよね。

そう、確かに厚いです。そして重いです。

iPhone8から変えた自分としても、そこはそう感じます。

でも、何ていうのでしょう…こう…持ちやすいんですよね~

サイドのアルミフレームは少しスベスベしますが、背面のガラスはしっとりしていて滑り止めになっていますし重さバランスも、トップヘビーとかトップライトでもなく、ちょうどいい重心とでも言いましょうか。

そこが、あまり重さを感じさせないところなのかなあと。

ほかのとある端末でもありましたが、やけにトップヘビーなやつとか。

僕はこう思うのですが、重さバランスの悪い端末って落とす確率が多くなってしまうと思うんです。

軽すぎるのも、しかりなのかと。

そんなわけで、自分としてはしっくりきています。

次回は、下記項目についてレビューしていきたいと思います!

iPhoneXS やiPhoneXS Max でできていて、iPhoneXR でできないこと

・ポートレートモード(人物以外は×)

・デュアルカメラでないので、ワンタッチ2倍ズームが出来ないところ

・ギガビット級LTE

今日も読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク