スポンサーリンク

やはり最高!【HEAD Graphene Touch PRESTIGE MID】

発売して、ゲットしました♪

HEAD Graphene Touch PRESTIGE MID

前回モデルの【REV PRO】系と比較してもやはりいいです!

何よりも、ウェイトの変更がポイントかなと(^^♪ 300G→320Gへアップ

そもそも…

PRESTIGE MIDは、

・ウェイト 330G

・93インチのフェイス

・18×20のストリングパターン

・フルキャップグロメット

と名前の通り伝統的なラケットでした。

それゆえに…使う人を選んでしまい大衆受けはしない玄人向けのラケットとして

過去の名プレイヤーを中心に(イバニセビッチ、サフィン、フィリポーシス、クエルテンなど)まさに、「レジェンド」なラケットとして名をはせてきたのです。

これが、4年前に新たに「PRESTIGE REVPRO」としてリニューアルされたのです。

その時は…

・ウェイト 300G

・93インチのフェイス

・16×19のストリングパターン

・ハーフキャップグロメット

と、結構スペックが変わってしまったのです。

テクノロジーの進化によって、生まれ変わったといっても過言ではないでしょう。

確かに、この「PRESTIGE REVPRO」も敬遠されてきた方も興味をそそられ、僕のようにあこがれ続けたけど使いこなせなかったのであきらめていた方もいたと思います!

僕も、実際「PRESTIGE REVPRO」を使用していました。昨年のある期間は。

でも、やはり最後までしっくりいかなかったところがあったのです。

・ウェイトが300gでは操作性はいいが、ボールの重みが減ってしまう。

・16×19のストリングパターンは飛ばしやすいが、18×20と比較してしっとり感が少し違う。

・ハーフキャップグロメットは、ホールド感が少し弱い?

と正直な感想がありました。

しかし、その分パワーや操作性が向上しており、これもまた時代の流れなのかな?と思いながら使っていました。

そこで…今回名前も「MID」復活でやってきたのです!

ウェイト 320G。→ここ大きいです!!

・93インチのフェイス
・16×19のストリングパターン
・ハーフキャップグロメット

HEADの出した結論は、いいこどりだったのでしょう。

足りない重みを330Gではなく、320Gにすることで重みを出しつつ、従来のMIDより10G軽量化。

あとのスペックは同じということで、旧MIDプレーヤーもREVPROプレイヤーも吸収しようとしているのでしょう。

僕は、今回まんまとそのHEADの企みにあえて乗ってみようと思います☆彡

使用レビューは、後日書きたいと思います(^_-)-☆

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク